このページでは、Javascriptを使用しています

活動情報

北陸川崎病研究会

川崎病は、国内で年間1万人の新患が登録されていますが、現在でも未だ原因は明らかではありません。北陸の小児科医が結集し、川崎病の原因を追及する研究会を開催しました。

代表 中村常之


第8回北陸川崎病研究会 

第8回北陸川崎病研究会
日時:2016年1月23日(土)14:30〜17:00
会場: 金沢都ホテル 5F 『兼六の間』
14:30〜15:30
『冠動脈エコー ハンズオンレクチャー』
富山大学小児科 助教  廣野 恵一 先生
[特別講演1]15:35〜16:05
『川崎病の臨床研究-今後の方向性は?』
国立成育医療研究センター臨床研究企画室長 小林 徹 先生
[特別講演2]16:05〜17:00
『川崎病の冠動脈後遺症病変・病態にどの様に 向かい合ってきたか、そして、今後の課題は?』
日本医科大学小児科 教授 小川 俊一 先生



バックナンバー
[第7回北陸川崎病研究会]
日時:2015年1月24日(土)15:00〜17:30
会場: 金沢都ホテル 5F 『兼六の間』
『冠動脈エコー ハンズオンレクチャー』
金沢医科大学小児科 准教授 中村 常之
[特別講演]
『川崎病剖検例から学ぶ』
東邦大学医療センター大橋医院 病院病理部 教授 高橋 啓 先生

[第6回北陸川崎病研究会]
日時:2014年1月25日(土)15:00〜17:30
会場:金沢都ホテル 5F 『兼六の間』
第1セッション
『小児炎症性疾患に対するサイトカインプロファイルの臨床的有用性』
金沢大学医薬保健研究域医学系小児科 助教 清水正樹 先生
第2セッション
『川崎病における冠動脈エコーの基本』
NTT東日本札幌病院小児科 医長  布施 茂登 先生
『川崎病における冠動脈特殊なviewの出し方』
日本大学医学部医学教育企画・推進室 准教授  神山 浩 先生
第3セッション
『冠動脈エコー ハンズオンセミナー』

[第5回北陸川崎病研究会]
日時:2013年1月26日(土)16:00〜18:00
場所:ANAクラウンプラザホテル金沢3F『瑞雲』
[一般演題]
1.『巨大冠動脈瘤を呈した一例』
金沢大学附属病院 小児科 医員 岩崎 秀紀 先生
2.『PTX3は早期血管炎マーカーとして川崎病におけるGG?応性の予測感度を上昇させるか』
小松市民病院 小児科 診療部長 上野 良樹 先生
3.『肺野にびまん性結節病変を認めた川崎病の1例』
富山大学附属病院 小児科 助教 廣野 恵一 先生
[特別講演]
川崎病急性期治療におけるシクロスポリンAの有用性と課題
和歌山県立医科大学 小児科 准教授 鈴木啓之 先生

[第4回北陸川崎病研究会]
日時:2012年1月28日(土)16:00〜18:00
場所:金沢都ホテル5階「兼六の間」
[一般演題]
1.診断時に感染症を認めた川崎病症例の検討
  富山県立中央病院小児科 塩穴真一、藤田修平、佐藤啓、高木万里、仲岡英幸、山口由美、東山弘幸、二谷武、五十嵐登、畑崎喜芳
2.二次性(続発性)川崎病はあり得るか?
  金沢医科大学病院小児科 秋田千里、玉貫啓太、小栗真人、北岡千佳、中村常之、犀川太
[特別講演]
第一部
重症川崎病患者に対する免疫グロブリンと免疫グロブリン・プレドニゾロン初期併用療法のランダム化比較試験-RAISE Studyの結果と今後の展望-
  群馬大学大学院小児科学分野 助教 小林徹 先生
第二部
川崎病のウイルス原因説、その可能性を探る
  東京農工大学農学部付属国際家畜感染症防疫研究教育センター
  伝染病疫学解明部門 教授 水谷哲也 先生

[第3回北陸川崎病研究会]
日時:2011年1月29日(土)16:00〜18:00
場所:金沢都ホテル5階「兼六の間」
[一般演題]
川崎病が多発している一家系
  金沢医科大学小児科 中村常之
[特別講演]
川崎病の罹患および重症化に関する遺伝子多型
  独立行政法人理化学研究所 ゲノム医科学研究センター
  循環器疾患研究チーム 上級研究員 尾内善広 先生

[第2回北陸川崎病研究会]
日時:2010年1月30日(土)16:00〜18:00
場所:金沢都ホテル5階「能登の間」
[一般演題]
1.赤血球粒度分布は川崎病血管炎のマーカーになりうるか
  金沢医科大学小児科 小栗真人、平松正行、秋田千里、北岡千佳、中村常之、犀川太
2.川崎病血管炎マーカーとしてのPTX3の有用性
  小松市民病院小児科 上野良樹、大月幸、大月哲夫
3.川崎病治療における炎症および血管炎マーカーの動態
  富山大学医学部小児科 齋藤和由、廣野恵一、伊吹圭二郎、渡辺一洋、市田蕗子
[特別講演]
川崎病の急性期の治療:最近の話題
  東京女子医科大学八千代医療センター小児科 教授 寺井勝 先生

[第1回北陸川崎病研究会]
日時:2009年1月31(土)16:00〜18:00
場所:金沢都ホテル5階「加賀の間」
[一般演題]
北陸地方における川崎病急性期治療の現状
  金沢医科大学発生発達医学(小児科) 中村常之
[特別講演]
急性期川崎病に対するステロイド治療
  群馬大学大学院小児科学 助教 小林徹 先生


第8回

このページのトップへ