このページでは、Javascriptを使用しています

研究グループ紹介

血液/腫瘍グループ


スタッフ

犀川太 部門教授

昭和63年金沢大学大学院卒業

日本小児科学会専門医
日本血液学会血液専門医/指導医
小児血液・がん暫定指導医

犀川太 部門教授
岡田直樹 講師

平成13年金沢医科大学卒業

日本小児科学会専門医
血液/腫瘍グループチーフ
日本血液学会血液専門医

岡田直樹 助教
柳瀬卓也 登録医

昭和56年金沢医科大学卒業

現、恵寿総合病院小児科医長
日本小児科学会専門医
日本血液学会血液専門医

柳瀬卓也 登録医
このページのトップへ

診療内容

  • 小児血液/腫瘍グループは、犀川太(教授)をはじめ柳瀬卓也、岡田直樹(講師)の3名を中心として小児白血病や神経芽細胞腫などの固形腫瘍といった血液腫瘍疾患から再生不良性貧血、先天性好中球減少症、特発性血小板減少性紫斑病や貧血疾患までの様々な血液疾患の診療に医師・看護師・薬剤師の方と連携をとりながら日々あたっています。
  • 腫瘍疾患に関しては、小児科・小児外科・放射線科・臨床病理科と腫瘍カンファレンス(pediatric tumor board)を随時行い連携を持ちながら診断・治療方針について検討しています。
  • 造血幹細胞移植『臍帯血移植』:小児造血器悪性疾患(白血病やリンパ腫、骨髄異形成症候群など)では造血幹細胞移植が治療として必要になる場合があります。当科では、血液免疫内科の先生と協力の上、移植チームを組み、小児や成人の臍帯血移植を行っています。
  • 治療を進めていくにあたり医学的な面だけではなく、患者さんやそのご家族の心理面や患者さんの学校などへの社会復帰の支援を医師・看護師などと連携をとりながら行っていきます。
このページのトップへ

研究内容

長年、複数の研究助成を得て取り組んでいる研究は『コンピューター内に仮想骨髄を構築し、そのなかでバーチャル造血を再現する試み』です。造血の恒常性維持機構、抗がん剤による好中球減少機構、G-CSFの至適投与時期の設定、造血幹細胞のソース(骨髄 vs 臍帯血)による生着時期の違い等を細胞動態の観点から明示することが可能です。

このシミュレーションはウインドウズ版ソフト化し、医学教育の教材としても利用可能です。さらに、白血病幹細胞システム導入により微小残存白血病細胞の動態を解析し、再発機構とその予知を目指した研究を進めています。


上記研究関連の研究助成

2002年 稲盛財団研究助成:造血機構の3次元モデル解析:調節機構と自己複製のシミュレーション

2003年

北國がん基金研究助成:造血機構の3次元モデル構築と治療抵抗性微少残存白血病細胞の動態解析
2005-2006年 文科省科研費基盤研究C:3次元モデルを用いた微少残存白血病細胞の動態解析に基づく再発予知的治療戦略の創成
2008-2010年 文科省科研費基盤研究C:システム生物学にもとづく白血病幹細胞モデルの構築と予測型治療戦略への基盤創成
2012-2014年 文科省科研費基盤研究C:コンピュータ白血病幹細胞システムによる再発動態解析と治療開発への基盤創成
このページのトップへ

研究業績

  • Komatsuzaki T., Saikawa Y., Iwata Y., Koizumi S. and Sato H. 3D cellular automata modeling of granulopoiesis: feedback regulation and stem cell dynamics, Cell Proliferation, 34, 178 (2001)
  • Komatsuzaki T. and Saikawa Y. Modeling of the inherence of feedback regulation and stem cell behavior in granulopoiesis, Proceedings of the second international conference on systems biology, 2, 208-212 (2001)
  • Saikawa Y. and Komatsuzaki T. Emergent properties of feedback regulation and stem cell behavior in a granulopoiesis model as a complex system, Complex Systems, 14, 45-61 (2003)
  • Horisawa T., Komatsuzaki T., and Saikawa Y. Computational Hematology in Systems Biology, Proceedings of 8th International Conference on Cellular Automata for Research and Industry, 1-8 (2008)

このページのトップへ