このページでは、Javascriptを使用しています

研究グループ紹介

腎臓グループ


スタッフ

藤木拓磨 講師

平成13年金沢医科大学卒業

日本小児科学会専門医
日本臨床腎移植学会腎移植認定医
日本腎臓学会腎臓専門医
ICD制度協議会インフェクションコントロールドクター

藤木拓磨 助教
このページのトップへ

グループの特徴

  • 当科においては1人体制ですが、石川県内の小児腎臓担当医で定期的に症例検討会を行っています。また、必要に応じて、小児外科や腎臓内科、金沢大学小児科腎臓グループなどとも連携を行います。 
このページのトップへ

治療にあたって

  • 正確な診断、適切な治療を行うとともに、運動・生活制限を必要最小限にし、可能な限り生活の質を落とさないよう努めます。
  • 正確な診断を行うために、必要に応じて、血液検査のほかに、腹部超音波検査、膀胱尿道造影などの放射線検査、腎シンチ、レノグラムなどの核医学検査、腹部CT、MRIなどの各種画像検査を行います。
  • 慢性腎炎や、ネフローゼ症候群でステロイド治療の反応に乏しい患児に対しては、腎生検を行い、組織学的に診断を確定します。
  • 治療方針は、各患児の診断に従い、エビデンスに基づく治療を選択します。
  • 難治例に対しては、免疫抑制剤や降圧薬などを説明・相談の上、使用します。
このページのトップへ

研究業績

  • 臨床研究の第一歩は症例の詳細な観察と記録であり、その症例の積み重ねから新しい知見が生まれると考え、 出会った症例一例一例を大事に、積極的に症例報告を行うようにします。

このページのトップへ